IVRシステム

電話受付業務の自動化で効率アップ!【IVR(音声自動応答)システム】

お客様からの電話を自動音声で受け付けます。
お客様の情報を電話機からプッシュボタンや音声でご入力いただき、各種対応を自動で行うシステムです。
直感的な操作でシナリオが作成できる専用ツールを標準搭載していますので、誰でも簡単にシナリオを作成することができます。 また、システムの構成によりインバウンド等他システムとの連携も可能です。

利用イメージ

おすすめポイント!

  • ● 録音、DB検索がフロー上で簡単にできます!
  • ● INSサービスと連携した転送が可能です!
  • ● 直感的な操作で簡単にシナリオが作成できる専用ツールを標準搭載しています!
  • ※ INSの転送は回線に対して付加サービスの「通信中転送機能」が必要となります。

システムの特徴

  • ● 回線ごとやダイヤルインごとにコールフローが設定可能で、応答内容がそれぞれ変更できます。
  • ● Windows標準WAV音声でアナウンスが流せます。文字入力した内容を音声変換してガイダンスとして流すことも可能です。
  • ● 電話ボタンで機能分岐ができます。
  • ● 受け付けた電話を他の外線に転送したり、お客様の音声を録音することもできます。
  • ● 音声応対のコールフローが作成できます。
  • ● データベース連携が可能で、検索や分岐判断等抽出結果が活用できます。
  • ● 受電数の集計に必要な着信履歴の出力ができます。

システム概念図

システム概念図

基本機能

電話制御受電機能回線毎、ダイヤルイン番号毎に応答内容が変更できます。
ガイダンス機能Windows標準のWAV音声でアナウンスを流せます。
また、テキスト文字やお客様の入力した内容を合成音声で再生する事もできます。
デジット検出機能お客様がプッシュしたボタンにより機能分岐ができます。
転送機能お客様のお電話を他の回線へ外線転送できます。転送先は設定可能です。
録音機能コールフロー上でお客様の声を録音できます。
データベース連携コールフロー上でデータベース検索が可能です。
(ODBC接続)抽出結果から分岐判断、業務判断などに利用できます。
管理機能受電業務設定回線毎、ダイヤルイン番号毎に業務フロー設定ができます。
IVRコールフロー音声応対フローの作成ができます。
着信履歴出力機能受電数の集計に利用できます。

※受電時間、切断時間、デジット内容、分岐情報など

導入・活用事例

Aコールセンター様

お客様からのお電話にIVRシステムが自動応答を行います。
24時間受付で注文の取りこぼしを抑え、売上アップと受付業務の省力化を実現します。
音声ガイダンスにしたがってプッシュボタンを押していただくと必要な情報を聞くことができます。
さらに詳しい説明を聞きたい場合には、オペレータにつなぐことも可能です(外線転送)。

Bカード会社様

24時間無人で対応が可能です。 お客様は音声ガイダンスに従ってプッシュボタンを押すだけで、オペレータと直接会話することなく自動融資の手続きが行えます。
カードの暗証番号をお客様ご自身で決めた番号へ変更できる他、お客様の現在のご利用残高や毎月のお支払いをご案内することも可能です。

導入実績(抜粋)

導入業種回線数概要
カード会社20自動融資IVRシステム
コールセンター12商品自動受付
保守センター4保守・障害自動受付

上記の他にも資料案内、資料請求自動受付、両替受付、融資受付照合、受講予約申込受付システム、当選発表案内、通話録音再生サービス(コールセンター連携) 等の導入実績があります。

操作画面例

● IVRシナリオ作成ツール画面
誰でも簡単に構築可能な様にスクリプト作成を補助するGUIツールを提供致します。
IVRシナリオ作成ツールを使用することでプログラミングが不要となり、一般のコールセンター管理者でも コールフローを設定をする事が可能です。
※機能範囲:ガイダンス再生、デジット入力、入力判定&分岐、外線転送、音声録音

 IVRシナリオ作成ツール

作成したシナリオを簡易実行し確認ができます。

 IVRシナリオ作成ツール

アイコンの動作設定を行う設定パネルです。

業務フロー

「IVRシステム」業務フロー

システムの仕様・機器構成例

システムの構成(推奨環境)

PCサーバメモリ2GB以上(収容回線数による)
ハードディスク20GB以上(録音・保存量による)
DBMicrosoft SQL Server
対応OSMicrosoft Windows Server 2008
音声処理ボックスマルチメディアボックス:VS-411MB/VS-412MB
その他モニタ(800×600ドット以上)、サウンドカード、録音用マイク、再生用スピーカー

※ ガイダンスの録音等を行う場合はマイク・スピーカーが必要となります。

※ 対応機種や制限事項など、詳細は担当までお問い合わせください。

Aコールセンター様(システム例)

機器一覧
項目数量備考
マルチメディアボックス(INS64×2)520CH収容
IVRサーバー1
USB/LAN関連周辺機器1
収容回線の業務割付例
業務名収容回線数(INS64)物理CH備考
資料請求24
クライアント転送244回線(8CH)
オペレータ転送365回線(10CH)
714
  • 収容外線INS64 × 10(20CH)
  • マルチメディアボックス ※ DSUはマルチメディアボックスに内臓
  • USB HUB
  • IVRサーバー Windows Server 2003
  • UPS

参考価格(INS64回線向け)

最大8回線(16ch)まで対応可能です。5回線(10ch)以上の価格はお問い合わせください。

1回線(2ch)構成
内訳数量システム一式(税別)
HarmonyIVRシステム基本ソフト1\1,500,000
マルチメディアボックス VS-412MB1
サーバーマシン1
2回線(4ch)構成
内訳数量システム一式(税別)
HarmonyIVRシステム基本ソフト1\2,070,000
HarmonyIVRシステムライセンス2
マルチメディアボックス VS-412MB1
サーバーマシン1
3回(6ch)線構成
内訳数量システム一式(税別)
HarmonyIVRシステム基本ソフト1\2,740,000
HarmonyIVRシステムライセンス3
マルチメディアボックス VS-412MB2
サーバーマシン1
4回(8ch)線構成
内訳数量システム一式(税別)
HarmonyIVRシステム基本ソフト1\2,840,000
HarmonyIVRシステムライセンス4
マルチメディアボックス VS-412MB2
サーバーマシン1

※ アナログ回線にも対応しております。

※ 価格および内容は別途お問い合わせください。

※ 2回(4ch) 線増えるごとに、マルチメディアボックスが1台必要になります。

※ 回線関連費用、電源工事費、設置工事費、インストール費、運用指導費、保守費用等は含まれておりません。

※ なお、価格、仕様は予告なく変更する場合があります。あらかじめご了承ください。

※ Windowsの正式名称は、Microsoft Windows Operating Systemです。

※ Microsoft、Windows、Windows Serverは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。

※ その他記載されている会社名・商品名は、各社の商標または登録商標です。